静岡県草薙総合運動場体育館(このはなアリーナ)

2015.05.29 Friday



先日静岡に行った時に、静岡県草薙総合運動場 の近くを車で通ったので先月完成されていた新体育の外観を見ることが出来ました。 
施設の老朽化や耐震性の問題から、2010年に県は公園全体のリニューアル事業に着手。

体育館もその一環で設計は、建築家の 
内藤廣 さんです。
工事施工は鹿島・木内・鈴与特定建設工事共同企業体。



コンセプトは、「木に包まれる体育館」で館内には県産材の天竜スギが垂木や天井ルーバーとして約7000本使用されているそうです。

※天竜スギ
雪害のない恵まれた自然環境で育林されるため,根曲りが少なく,通直で節も少ないのが特徴である。とくに心材の耐久性が高く,耐水性にも優れていて塗装などを施さなくても光沢を放つ。

建物の基礎から2階までは鉄筋コンクリート造,屋根は鉄骨造と木造の複合構造から成る複雑な工事で国内最高難度の工事と言われたそうです。





次回は、内部に入って「木の香りと天竜スギで包まれた大空間」に身を置いて体感したいと思います。
皆さんも、静岡にお越しの際は一つの楽しみとして訪れるのも良いかもしれないですね。

 
コメント
コメントする