浜松東第二保育園・軽量鉄骨下地建込工事

2015.07.23 Thursday

梅雨も明け、毎日暑い日が続いていますね。

昨日は、浜松市浜北区新原で建築工事を進めている保育園現場でした。



屋根、外壁が完了し、内部では内装下地、仕上げの工事が始まっています。




写真は、壁の下地になるLGSの建て込みの様子。『LGS』とは『ライト・ゲージ・スティール(light gauge steel)』の略称で軽量鉄骨のことです。

現場は、問題もなく順調に進んでいました。建て込みが完了後はボード張りと進んでいきます。

暑くムシムシしますが現場の職人の皆さんには感謝の気持ちを忘れてはいけませんね。
コメント
コメントする